ホーム > 家を建てる > 地盤改良

前のページへ戻る

地盤改良

建物などの重さを支える地盤の強さを「地耐力」と呼びます。
丸井では現場ごとに特別な装置を使って正確に調べています。

建物を建てる際に大切なことはまず、地盤の性質、耐力をしっかりと把握しておくことが大切です。
丸井ではスウェーデン式サウンディング試験などの地盤調査により、その地盤がどのような地層条件になっているかを確認します。ドリル状のスクリューを回転させながら地盤にねじ込み、その回転数などから地質を調べていきます。
地盤を調査した報告書をもとに必要があれば地盤改良などを行い、建物と地盤状況に合った最適な基礎を設計していきます。

地盤改良・写真

基礎

基礎・写真

建物の土台となる「基礎」はもっとも重要な箇所です。丸井では建物の底面全体にコンクリートを打つ「ベタ基礎」を標準採用。この基礎は高精度・高強度な耐震性の高い構造となっております。地震や台風などあらゆる衝撃から建物そしてご家族の生命と財産を守ります。

ホールダウン金物

ホールダウン金物とは建物の構造躯体を基礎にしっかり固定させるための接合金物で住宅の四隅に取り付けるボルトのことです。丸井の建物は建物を支える基礎から土台や柱が抜けないように設置します。今までは主に3階建てに使用されていましたが法改正により2階建てにも多く使用されることが多くなりました。丸井の建物は当然標準仕様です。ぜひ現場でお確かめください。

ホールダウン