丸井技研株式会社×株式会社タツミ テックワン金物工法

  • 金物接合工法
  • 強度試験

従来の工法 木材をけずって、はめ込む工法なので柱の部分を上から見ると、柱が削られて細かくなってしまっています。→金物接合工法(テックワン) 木材に金物を取付けて接合する工法なので、柱にほとんど欠損がありません。

日本で愛される「木の家」の従来の建て方は木材をけずり、木と木をつなぐという手法でした。
そのため、家を支える柱の大切な部分が細くなってしまうという欠点がありました。

そこで木材を出来るだけ削らず接合部を金物に置き換えることによって「木」本来が持っている強さを最大限に活かし、接合部分に強力な金物で接合する工法を考えだしました。

それが金物接合工法です。

金物接合工法はプレカット工場で加工する為正確です。
ですから現場では木材を落とし込んでピンをうつだけなのでいつも精度の高い仕上げが可能です。

  • 金物接合工法
  • 強度試験

耐久試験が証明する、確かな性能。

「テックワンP3」の耐久性は、1995年の阪神淡路大震災を忠実に再現した三次元実物大振動試験によって検証されています。(2004年12月7日於:独立行政法人 土木研究所)
また、性能評価機関に準じた試験内容【「従来軸組工法住宅の許容応力度設計」(財)日本住宅・木材技術センター企画編集】で各接合部の耐力を検証。その頑強さは公的な試験機関からも公正な評価をいただきました。

テックワンと従来仕口との強度比較
Sマーク認定を取得
金物には、それぞれ厳しい強度試験がされ性能認定を取得しているので安心です。
Sマーク認定証

資料請求・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせはこちら
048-774-0200
メールでのお問い合わせはこちら
お問合せフォーム
上尾市役所前支店画像
上尾市役所前支店
埼玉県上尾市本町1丁目1番1号
営業時間:9:30~19:30
【火曜定休・水曜不定休

店舗案内ページへm